記事作成  ログイン

ホーム >> プレスリリース
今までにない技術で 病院や老人ホームの室内空間・居住空間の除菌・ウイルスの不活化・消臭を...

今までにない技術で 病院や老人ホームの室内空間・居住空間の除菌・ウイルスの不活化・消臭をします。

株式会社メリ・テック
2018-06-19 17:00

 
 
 

200ppmの専用次亜塩素酸水を独自開発のディフューザー「ジアスペース」を使い、病院や老人ホームの室内空間の除菌・ウイルス不活化・消臭を行い、院内感染、施設内感染及び気になる臭いも消臭することで、清潔で安全な快適空間をづくりのお役に立ちます。平成29年12月に老人ホームと契約になり、認知症フロアーの悪臭の消臭も即効力があり喜ばれました。また、昨年末からの例年にないインフルエンザ―の流行の時期もインフルエンザ感染者が一人であったと施設の責任者が喜んでいました。他のフロアーにも追加設置予定です。

次亜塩素酸水は、漂白剤などで使われている次亜塩素酸ナトリウムが原料となりますが、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは全く別な物質です。厚生労働省もこれまで殺菌・除菌を目的に次亜塩素酸ナトリウムの使用を推奨しており、菌の種類のよって用法、用量を定めていました。しかし、次亜塩素酸ナトリウムは人体に対しても有害であることから、近年は次亜塩素酸ナトリウムより数十倍の殺菌力があり人体にも安全な次亜塩素酸水の使用を推奨しています。

次亜塩素酸水は安全で除菌や消臭効果も高いことから、10年ほど前より様々な商品がすでに商品化され流通しています。そして室内空間の落下菌の除菌や付着ウイルスの不活化、空間の消臭には超音波式加湿器を用いるのが一般的です。しかし、超音波式加湿器を使用する場合の問題点も幾つかあり30ppm〜50ppmに希釈した次亜塩素酸水でなければ直ぐに振動版が腐食して壊れてしまいます。30〜50ppmでも超音波加湿器の寿命は短くなります。また、加湿器ですから時間当たりの噴霧量も多く、タンクの容量にもよりますが1日〜2日に一度は補充が必要です。特に梅雨時期は加湿器の使用は抵抗があります。超音波式加湿器の蒸気は粒子が大きいこともあり室内全体に広がりにくい問題もあります。

今回ご提案する弊社の次亜塩素酸水ディフューザー「ジアスペース」は、上記のような問題点を解決して開発しました。

噴霧方法は振動版ではなく約10μの粒子を噴霧できるノズルを開発しました。金属ノズルでありながら200ppm次亜塩素酸水の酸化作用でも錆びにくい加工になっています(特許出願中)。約10μの超微粒子に噴霧することで空気中の浮遊時間が長くなり室内の除菌、ウイルス不活化、消臭効果がよくなりました。タイマー制御とボリューム調整にり1時間当たりの噴霧量が調整ができるので、4?タンクの200ppm次亜塩素酸水も1週間〜2週間、狭い喫煙所などでは1ヶ月も補充なしで使用できるようになり、補充の手間が大幅に軽減できました。

次亜塩素酸水も市販のものを使用すると不純物により1ヶ月程度でノズルの詰まりが発生しますが、原料である次亜塩素酸ナトリウムも不純物が一番少ない最高ランクの原料を使い、塩に化学変化するナトリウムも除去、使用する水道水も水に含まれるミネラル分を除去することで高品質の次亜塩素酸水を生成することが可能となり、弊社の次亜塩素酸水ディフューザー「ジアスペース」が完成しました。

これにより、病院や老人ホームをはじめとして温浴施設の休憩所、ホテル、幼稚園、スポーツジムなど除菌、ウイルス不活化、消臭効果を求める市場が導入しやすくなりました。弊社の導入先の一つでもある温浴施設の休憩スペースは、これまで様々な消臭機、空気清浄機で消臭を試みましたが問題を解決できていませんでしたが、「ジアスペース」を1週間ほどテスト導入したところ明らかに消臭できたとのことで即契約になりました。

専用の次亜塩素酸水とディフューザー「ジアスペース」の技術は、これまでにない技術です。特に多い老人ホームや幼稚園など体力的に弱者な人たちのヘルスケア―に貢献したいと考えております。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ
 
 
 
人気の記事
ピックアップまとめ記事
カテゴリ一覧

【PR】全国まとめ | 北千住まとめ | 浜松まとめ | 横浜まとめ | 蒲田まとめ | 錦糸町まとめ | 飯田橋まとめ | 神楽坂まとめ | 錦糸町まとめ | 蒲田まとめ | 富士吉田まとめ | 保険相談
戸塚まとめ | 川越まとめ | 平井まとめ | 聖蹟桜ヶ丘まとめ | 静岡まとめ | 立川比較 | 全国エステまとめ